資料請求
お問い合わせ
塔 鳥鳥

先生紹介
– About –

先生紹介

みんな仲良しで、元気で明るい先生達です。
子どもたちと一緒になって園庭を走り回ったり、笑ったり、
大きな行事では目標を達成出来た喜びを共感し、
一緒に嬉し涙を流したりと、
子どもたちへの愛情がたくさんある先生達です!
1人1人の成長にしっかりと目を向けることが出来るよう
保育に努めています。

先生インタビュー

今村 優衣 先生

子どもたちと接する上で1番大切にしていることは、子どもたちのお手本になることです。挨拶や言葉遣いなど子どもたちが園生活の中で自然と身につくことが出来るように行動や姿勢で示すことを心掛けています。
また、私自身母となり今まで以上に命の尊さを感じ、保護者様からかけがえのない大切な命をお預かりさせて頂いているという責任感を持ち、より丁寧な関わりを持って成長を見守っていきたいと思います。

子どもたちの目線にたって
保育することの大切さとは?

初めての幼稚園・保育園生活の中で、子どもたちも不安な気持ちでいっぱいだと思います。そのため、まずは“幼稚園・保育園は楽しいところなんだ!”と感じてもらえるように子どもたちの心の声に耳を傾けることを意識しています。また、保育時間の中でも子どもたちの声に耳を傾け、心の中にある好奇心をたくさん引き出せるよう、保育者から伝えるのではなく、子どもたちの意見や考えや思いを認め、受け入れながら導くことを常に意識しています。

子どもたちの目線に立つために、
実践していることを教えて下さい。

登園時は、朝の始まりを元気で迎え入れ、ちょっとした変化にもすぐに気付くことが出来るよう心掛けています。保護者の方ともご家庭での様子を伺ったり視診なども行ってお子様をお預かりしています。保護者の方と離れることが少し不安な子どもには優しく寄り添い、その子にあったペースで生活リズムが作られるように励ましています。

子どもたちに幼稚園での生活を通して
どんな経験をしてほしいですか?

幼稚園では、集団生活において同じ目標に向かって協力し合い、達成する喜びや楽しさを味わう経験をたくさんしてほしいと思います。その中で、お友達を励ましたり、時には励まされたりとお互いを尊重しながら支え合い、自分が貰った思いやりや優しさに気付いて素直に感謝すること、同じ事をまた別のお友達にもしてあげたいと思うような気持ちをしっかりと育んでほしいと願っています。

トップに戻る